あーこです^^

 

 

ブックメーカーで稼ぎ出すと、

 

誰しもが経験するのが

 

「マネープレッシャー」。

 

マネープレッシャーとは、資金を失うのではないか?

 

という恐れから、betしづらくなる心理状況をいいます。

 

しかし、ブックメーカーで上限なしに稼いでいくなら、

 

このマネープレッシャーの壁はいつか乗り越えていかなくてはなりません。

 

 

では、ブックメーカーのマネープレッシャーに打ち勝つためのコツをご紹介したいと思います。

ブックメーカーのマネープレッシャーに打ち勝つコツとは?!

 

元金より損はないと開き直る

ブックメーカーのいい所って、

 

他の投資事、株やFXと比較して「信用取引」がないことにあるかと思います。

 

 

信用取引というのは、大きく稼げる反面

 

大きな損失を抱えることもありますね・・・

 

株やFXでついつい夢を見てしまい、数百万の借金を一気に背負ってしまった。。

 

なんて話もよく聞きます。

 

 

しかし、ブックメーカーには信用取引がありません。

 

つまり、自分が用意した元金がなくなることはあっても、

 

数百万、数千万の借金を背負うことはないのです。

 

 

これってある意味「失うものは何もない」状態。

 

ブックメーカーで月30万、50万、100万・・・

 

と稼ぎだすと、betボタンを押すのが怖くなる

 

マネープレッシャー状態になることがあります。

 

 

私自身もブックメーカーで月10万ぐらい稼げるようになった頃、

 

このマネープレッシャーが出てきました・・・

 

 

しかし、よく考えてみると、元金以上にマイナスになることもないんだから、

 

何を恐れているんだ?!

 

 

と、ある意味開き直り状態になり、

 

そこから平常心へ戻り今も稼ぎ続ける状態を保っていられています。

 

 

ぜひ、

 

「元金より損失になることはないんだ!」

 

を合言葉に、マネープレッシャーを乗り越えましょう。

 

大きく稼ぐなら失敗を恐れない!

ブックメーカーはどんなに稼いでいる人でも、

 

負けることはあります。

 

通算で勝率が高ければいいので(勝率だけではないですが・・)、

 

数回負けても全体的に勝って稼いでいけばいいのです。

 

 

そしてその数回の負けが必要な失敗であれば、次に活かします。

 

この世の中に100%失敗しない人なんていないんだし、

 

「ああ、こういうケースの失敗もあるんだ」

 

と自分の経験値にしてしまいます。

 

 

すると、その経験は結果として勝率が上がることになりますから、

 

数回の失敗は必要な失敗だとして次のbetを恐れないことです。

 

 

そもそもがたとえ失敗をしたとしても元金以上の損失にならないワケですから、

 

恐れる必要も最初からないということです。

 

 

人間には「欲」がありますから、何十万も稼ぎ出すと、

 

今度は失いたくない、という恐怖心が出てきます。

 

でも、もしあなたがマネープレッシャーにぶち当たった時は、

 

「ブックメーカーは大きな負債を抱えることはないんだ!」

 

これを思い出していただき、どんどん大きく稼いでいただければと思います。

 

 

・大きな損失を被ることがない

・わずか数万円から始めて50万、100万と資金が積み重なる

 

 

こう考えるとブックメーカー投資というのは

 

誰にとっても裕福になれるいい方法ですね^^