ブックメーカーで本当に稼げるのか?

 

は気になる所だと思います。

 

 

しかしブックメーカーで稼げる仕組みそのものを理解してしまえば、

 

かんたんに稼ぎを増やせることがおわかりいただけるかと思います。

ブックメーカーで稼げる仕組みを解説!

 

Under投資法でコツコツ稼ぐ

ブックメーカーで稼ぐには、

 

ただ何となく雰囲気だけでbetしていても稼げません。

 

ブックメーカーには投資法が確立されており、

 

中でも、ブックメーカー初心者の人は

 

「Under投資法」で少額資金からコツコツ稼ぐことをおすすめします。

 

Under投資法とは、サッカーの試合でいうと

 

あと〇点ゴールが入らないと予想して金額を投じる賭け方です。

 

100円ぐらいから始められ、コツコツ稼いでいくことが可能です。

 

投資事の原則ですが、ブックメーカーをはじめるなら

 

「余剰資金で少額投資から始める」ことをおすすめします。

ブックメーカーの勝率の高さ

今回ご紹介するブックメーカーのUnder投資法は、

 

普通に90%の勝率を叩き出せます。

 

これが宝くじや競馬、パチンコの勝率だったらどうでしょうか?

 

日本はやはり、胴元が儲かるばかりのギャンブルが多すぎます。

 

例えば宝くじであれば

 

当選確率50%以下になるので、単なる運だめし要素が強いです。

 

これでは長年毎年のように宝くじを買っても当たらないワケです。

 

 

そうではなくていかに勝率の高い所で確実に勝っていけるか、

 

その点ブックメーカーのUnder投資法は勝率90%なので

 

いかにブックメーカーが稼ぎやすいか、わかるかと思います。

 

正しいノウハウを手に入れる

 

ブックメーカーで稼いでいくためには

 

「正しい方法を知る」ことが非常に大事です。

 

先ほどもいいましたが、何となくこの試合に賭けてみよう、

 

ではそれは単なるギャンブルになってしまいます。

 

そうではなくて、

 

・まずは正しいノウハウを忠実に実践

↓  ↓  ↓

・成功と細かい失敗を繰り返しながら精度を高めていく

↓  ↓  ↓

・ノウハウが自分の中で板につくから稼げるようになる

 

 

です。

 

私はブックメーカーのサッカーで月50万ほどを稼げるようになりましたが、

 

ビジネスで稼いでいく原理原則だと思っています。

 

自分でネット上にある無料の情報を集めながら、

 

そして失敗しながら稼げるようになってもいいでしょう。

 

 

しかし、初心者のうちは、無料の数ある情報の中から

 

この情報は正しい・この情報は間違っている、と選択するのはかなり難しいです。

 

また、稼いでいく順序つまり体系的に情報を組み立てていくのも

 

最初のうちはわかりません。

 

 

同時に失敗を繰り返して成功に近づくのも間違いではないのですが、

 

それには膨大な時間が必要になります。

 

そもそもすぐに稼ぎたいですから、毎日忙しい中で

 

自分の貴重な時間を失敗につぎ込むのは効率が悪過ぎます。

 

 

そうではなくて稼ぐまでの失敗をすべてショートカットした

 

正しいノウハウを手に入れることが稼ぐの近道となります。

稼ぎを増やしていく

最後も重要です。

 

ブックメーカーである程度稼げるようになれば、

 

次はお金に働かせます。

 

単純ですが、最初は100円で賭けていたものを、

 

1000円⇒5000円⇒10,000円と

 

掛け金を増やしていきます。

 

すると、少額の掛け金の時は利益も少ないですが、

 

同じやり方で勝っていくだけなので、

 

掛け金が大きくなればその分利益も大きくなります。

 

 

これは私たちが労働では得られない、

 

不労所得の大きなメリットですね。

 

労働ですと、自分一人で時間給をもらうと

 

一日8時間程度の労働対価しかもらえません。稼ぎに限度があります。

 

 

しかし、ブックメーカー投資であれば、

 

正しいノウハウさえ知れば、

 

あとは勝率の高いやり方で掛け金を増やしていけば、

 

自分の資金は雪だるま式に増えていきます。

 

このように、ブックメーカーで大きく稼ぎたいなら、

 

・正しいノウハウを手に入れる

・お金に働かせて稼ぎを増やす

 

という大局的な視点を手に入れることが重要です。