ブックメーカーに逮捕者って今までいるんでしょうか?

 

これからブックメーカーを始めたい、と思っている方にとっては

 

とても気になる内容だと思います。

 

では一緒に見ていきましょう。

ブックメーカーに逮捕者はいる?

 

ブックメーカーの逮捕者は今まで一人もいない?

実はブックメーカーでの逮捕者というのは

 

今まで一人もいないんです。

 

 

ちょっと法律の観点から考えていきましょう。

 

ブックメーカーをやっていて罪に問われるとしたら

 

賭博罪が適用になります。

 

賭博罪が成立するには、対抗犯でなければなりません。

 

対抗犯というのは、

 

胴元と賭ける人がどちらも日本であることが条件です。

 

そもそもブックメーカーは海外の会社です。

 

なので賭博罪が成立しないんですね・・・

 

近い例だとオンラインカジノの逮捕者?

同じオンラインの賭け事での逮捕者で例をあげてみようと思います。

 

過去、オンラインカジノでの逮捕者がありました。

 

2016年3月、日本国内で初のオンラインカジノでの逮捕者が出ました。

 

3名が逮捕され、うち2名は略式起訴。

 

略式起訴というのは罰金だけ払って釈放されること。

 

これは裁判を行わず罰金を払って簡易的に済ますもので

 

これではオンラインカジノが違法なのかどうかわかりません。

 

逮捕者のうちの一人が、不当とし、裁判で争われましたが、

 

結果は不起訴に。

 

つまりオンラインカジノは海外にあり、胴元が完全に合法であり、

 

片方の賭ける側だけ裁けない、という判断ですね。

 

これによりオンラインカジノが違法ではないということが証明されました。

 

 

ちなみにスマートライブカジノという所でプレイしていた人が逮捕されたんですが、

 

その際日本人のディーラーがいたとのことです。

 

 

まあ、オンラインカジノとブックメーカーは少し種類が近いので参考になるかもしれません。

 

 

そもそも、ブックメーカー会社は海外にありますし、

 

私たちが個人で楽しむ場合は賭博法には触れないですからね・・・

 

 

かといって完全に合法でもないのでいわゆる「グレー」ってやつだと思います。

 

自己責任でやる

最近カジノ法案が通過しましたが、

 

早くブックメーカーも法整備してほしいものです。そしたら正々堂々betできますし。

 

現時点ではオンラインの賭け事に法整備が追い付いていない感じが近いと思います。

 

ブックメーカーは国に完全に認められた合法でもないですし、

 

賭博罪も成立しないので違法でもありません。

 

合法と違法の狭間のグレーですね。

 

 

私は特に問題ないと思って税金もきちんと払ってブックメーカーで稼いでいます。

 

最終的には各自の判断になりますが、こういった例もあったんだ、ということを

 

知識として知っておいていただければと思います。